次は見積もりをもらおう

ブライダルフェアに行ったり、どちらかの地元の式場で式を挙げたい・・・
何件か式場を選んだら、次は見積もりをいただきましょう。

 

だいたいの人数、お二人の希望を各会場のスタッフに伝えて見積もりを作ってもらったら
金額だけで比較するのではなく内容をしっかりと確認してくださいね。

 

プランの内容についてはブーケやケーキは別料金になっているかもしれません。
会場装飾のお花も基本的には造花、別料金で生花に変更…
ドレスのブランドによっては別料金が必要になってきたりすることも。
お料理の品数によってもお値段が変わってきますよね。

 

見積もりをだしてもらった時点では一番高額だと思っていた会場が
色々と計算してみたら一番安く済む!ということもありますので
合計金額だけではなく、各項目の金額や内容も比較して納得できる金額、内容の式場を選びましょう。

 

また招待人数が増減した、お料理や引き出物を変更したい、ペーパーアイテムは自分たちで用意するなどでも料金は変わってきますのでその都度お見積りをいただくのも良いですね。

 

式場の検討がついたら見積もりをもらおう関連ページ

ブライダルフェアに行こう
いざ結婚式を挙げるとなり会場を調べてみるとたくさんの結婚式場がありどこを選べばよいのかわからないという方も多いですよね。そんな時はブライダルフェアに行ってみましょう。
今どきの結婚について。
イマドキは結婚式にこだわることはなく、フォトウェディングなども流行っています。また、結婚後の離婚を防ぐためにも、結婚前から同棲してお互いをよく知っておくということも大切ですね。
結婚式場ってどうやって選ぶのがいいの?
結婚式を挙げようと思っても式場は沢山ありますし、その式場によって扱っているドレスのメーカーや雰囲気、お料理の味も様々。気になる式場があれば積極的にブライダルフェアに参加したりお話を聞きにいってみましょう。
おめでとうと頬笑みながら女が思う事
結婚式はおめでたいことですが、女の妬みというのはつきないもの。ゲストに喜んでもらえる式も大切ですが、あまり周りのことまで気にせず自分たちが満足できる式にしてみてはどうでしょうか。
アラサ―以上なら量より質を考えるハイクラスな結婚式をしましょう
アラサーで結婚式をあげるなら、質にこだわった式にしましょう!少人数でも、料理や引き出物にこだわればゲストも大満足の質の高い結婚式をあげることができますよ。