アラサーなら質の高い結婚式を!

アラサーの結婚式

2,30年前と比べると女性の初婚年齢も上がりました。
もちろん、今でも10代の女性のデキ婚など後を絶ちませんが、きちんとキャリアを積んでから、仕事との兼ね合いを考えて20代後半、30代前半で結婚する女性も増えています。
そんな大人の女性たちには、洗練されたハイクラスな結婚式、披露宴がおすすめです。

 

招待客の人数は多ければいいというものではありません。
心から祝ってくれる友人たちに限って招待した方が温かい式になりますし、招待された方も新郎新婦を近くで祝福できて満足感が残ります。
人数が少なければ同じ予算でも、一人あたりの料理、引き出物など予算を上げることができ、結果として出席者全員に質の高い式だったという印象が残ります。
大人数招いて、チープな食事を出して安い引き出物を配るより、厳選された少ない人数の招待客を心からおもてなしするのが大人のウエディングです。
ぺらぺらのかわいらしいドレスも若い子ならば若さでカバーできますが、アラサ―以上の新婦なら上質な生地にこだわってドレスを探しましょう。
若い人以上にお金がかけられる新郎新婦ばかりではないでしょうが、量よりも質を意識した式にすると若い人には真似できない素敵な式になります。

アラサ―以上なら量より質を考えるハイクラスな結婚式をしましょう関連ページ

ブライダルフェアに行こう
いざ結婚式を挙げるとなり会場を調べてみるとたくさんの結婚式場がありどこを選べばよいのかわからないという方も多いですよね。そんな時はブライダルフェアに行ってみましょう。
今どきの結婚について。
イマドキは結婚式にこだわることはなく、フォトウェディングなども流行っています。また、結婚後の離婚を防ぐためにも、結婚前から同棲してお互いをよく知っておくということも大切ですね。
結婚式場ってどうやって選ぶのがいいの?
結婚式を挙げようと思っても式場は沢山ありますし、その式場によって扱っているドレスのメーカーや雰囲気、お料理の味も様々。気になる式場があれば積極的にブライダルフェアに参加したりお話を聞きにいってみましょう。
式場の検討がついたら見積もりをもらおう
ブライダルフェアに行ったり、地元の式場で…と考えタラ、次は気になる会場で見積もりをいただきましょう。同じ金額でもどんなものがセットになっているかが違ってきますので金額だけでみるのではなく、内容もしっかりとチェックしてくださいね。
おめでとうと頬笑みながら女が思う事
結婚式はおめでたいことですが、女の妬みというのはつきないもの。ゲストに喜んでもらえる式も大切ですが、あまり周りのことまで気にせず自分たちが満足できる式にしてみてはどうでしょうか。